Translate

2013年6月9日日曜日

今月の薬膳研究会

毎月一回、
マクロビオティック薬膳研究会に通ってます。

今回のテーマは「胃腸疾患」

症状の特長や原因などを講義で学び、
症状の改善食のレシピの説明から調理実習。

最近、自分自身が胃腸疾患ぎみだったので、まず、集中力がなく

あまり話が、頭に入ってこない。

めっちゃ、興味あるのに
必要なのに、、、。

実習でも、手順があたまに入ってないから、スパイスの配合で失敗も。

それでも、先生のフォローが入り
事なきを得て
美味しくいただくことできました。

個人的には
消化促進粥の2種のうち
脾胃虚の症状向けの粥がはまりました。

とうもろこしや 蕪、たまねぎなどと
アーユルベータの理論を取り入れ選ばれたスパイスが入った粥。

食べるうち、全身、とくに下半身部から汗。

少し 張っていた太もも、四頭筋あたりもスッキリしてきました。不思議。

先生は最近、アーユルベータの研究も始められて、メニューに取り入れ
紹介してくださいます。

いつも、新鮮で
府に落ちるお話満載で、
先生の講義は大好きですが、

疲れぎみの私の頭で
今日はしっかり受けとめられなかったのが、残念だった研究会でした。