Translate

2016年10月24日月曜日

今月の中国茶研究会

久々の中国茶研究会の投稿ですが 研究会は毎月真面目に開いておりました。ほぼ月1開催で、通算51回目となりました。毎回7~8種のお茶を煎れてとなるので、おーーすごい量だなーと。
今回一番印象的だったのは 小青柑プーアール茶  小ぶりなみかんの中にプーアール茶葉を詰めて乾燥させているものです。中国で今年とても人気の高いお茶だそうです。みかんの皮を乾燥させたものは漢方薬で陳皮(ちんぴ)と呼ばれていますが、普通の食べて美味しいみかんではなく 陳皮専用のみかんがあるそうで 今回のお茶のも その専用のもの。しかも小ぶりなものを選りすぐって作られている貴重なものです。乾燥も3回ほど繰り返されるそうですが、全工程天日干しと とても手間がかかってます。
水色はフルボディのワインのように濃厚で トロッした感触です。でも、風味はみかんだけあって爽やかで、独特のプーアール茶のクセも和らげてくれてます。
この小さい茶1つでかなり何煎も出るので 多人数や家族で楽しむのがいいみたいです。脂っこい食事のあとなどに 飲むと肉の脂なども分解してくれるので 胃もたれ予防にいいです。
陳皮も通常 気を巡らす効果があるとされてますので 寒暖の差がはげしい今の時期に 風邪予防なんかにもいいかも。
5個お家用にわけていただけたので
また、家族や お友達とも楽しみたいと思います。