Translate

2013年2月3日日曜日

うれしかったこと

私のお仕事は健美操という体操の指導員です。
やっててよかったなぁ~、嬉しいなぁ~って感じる瞬間はいろいろ多彩にある私にとって幸せな職業なんですが、その中で一番うれしいって思う時は
愛好者(生徒さん)から
「教えてもらった体操の中でこれだけは家でも毎日やってます」
話してもらった時です。

先日も
堺市にある某カルチャーセンターにてこのうれしいが1日におもいがけずたくさんのありました。
ここで健美操の教室を担当させてもらってかれこれ17年。
生徒さんは入れ替わりがありますが、17年前より今まで続けてらっしゃるかたが2名おられます。
他の方も3年、5年と根気よく続けてくださり、みんな和気あいあいとても素敵な、いい気の集まるクラスとなってます。

フィットネスクラブなどのように一週間のうち何回もきてトレーニングができないので、カルチャーでのクラスは
週一回の練習で何を習得していただけるのか?常に意識しながらレッスンしていました。

いつもレッスンの終わりに
「今日やった体操で、自分にあうものあったら家でも続けてくださいね~」
といいますが、愛好者さんからの返答はだいたい
「家帰ったら忘れてしまってるわ」(笑)

でも、根気よくいつか本当に気持ちよさが理解できて、自分のものになるものができてくださったらいいなと思って続けてきました。

この間のレッスン後、皆さんをお見送りする帰り際に
一人の方が
「毎日、足の動きと、腰の調整のは寝る前にやってます」とおっしゃったら
他の方も次々に
「私は朝、、、、」
「私も膝倒しはいつもやってる」

それぞれのお気に入り動作で、毎日取り組んでらっしゃるという動きの話をしてくださりました。

まぁうれしい~。

みなさんの中に健美操が馴染んでいました。

感性豊かに自分が必要としているものを、食べること、運動、休息と、それぞれについてちゃんと選べるというのが理想だと思います。

長く続けていて、みなさんにとって役立つこと自分はできてるのなぁ?と、
不安になることもありますが、こんな時はあぁ続けてやってきてよかったなぁと、うれしくなります。
そして、もっと皆さんが健美操を好きになってくださるよう、元気になってくださるよう、
よりたくさん勉強しなくちゃという気持ちになります。

またがんばるぞo(^o^)o