Translate

2015年3月23日月曜日

歴史の香り 中之島公会堂

春分の日の翌日
とても 暖かで風も穏やかな日

茶芸師仲間のEさん主催のお茶会が
中之島 公会堂の
二階 第8会議室でありました。

私と 娘のサーヤもお手伝いで参加させてもらいました。

今回 Eさんのご好意で サーヤもお客様の前で ジャスミン茶を入れる機会を作ってくださり なんと 茶芸師デビュー!

ドキドキしながらも
楽しい一日でした。

公会堂の中は入ると ひんやり シーンとしていて
なんとなく 壁の匂いが 深い森に入り込んだように軽く湿度をおびていて

長い年月をへて育った植物が発している何か感じるようなものでした。

そこに 華やかな茶の香り

どちらも 生きている何かが混じりあって
私たちを包みこむようでした。

とっても 落ち着けて
お客様も 楽しげな話の合間に
ふっと 椅子の背もたれに身を預けて
和んでくださってるなぁーという感じが
印象的でした。

茶を飲む場というものが
とても 大切だなぁー思えた日でした。